肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。心と体の臨床日誌
肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。陽開(ひかい)カイロプラクティック院長 山中英司のさまざまな臨床報告と、それを通して見えてくる心と体の関係を本の紹介を絡めて紹介するページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グロインペイン症候群の症例Part1
16歳、高校二年生、サッカー部の男子。

4ヶ月前から右足のつけ根に痛みが生じ来院。

夏休みを利用して、

なんと、

和歌山から泊まりで集中治療です。

Photo_11



痛みの部位は、

右恥骨結合とその外側の鼠茎部で、
歩行で違和感を感じ、右足を上げる動作や回す動作で、痛みが生じていました。

左股関節も程度は弱いですが、同様な症状が見られました。

話によると、

初めは左の症状が起こり、
近くの治療院へ通院したらある程度治まったが、
今度は右股関節に症状が出て、
それから持続的に続き、一向に治らないということでした。

施術は、アクティベータ療法で、全体のバランスを整えることからはじめした。

全身検査見てみると、

腰部や骨盤、胸部にかけても結構、バランスが崩れていました。

このバランスとは、

神経系の機能がしっかり働いているかどうかと言うことを意味します。

神経系がうまく機能していないと、筋の緊張が取れなくなったり、

動き微調整がうまくいかなくなったり、さまざまな影響を与えます。

逆に、神経系を整えるだけで、

かなり無意識におきている筋の緊張は緩み、症状が楽になります。

Part2へつづく

山中英司

参考ページ↓
グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)って何?

グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)って何?Part2

グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)の捉え方

グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)とカイロプラクティック

グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)と心理的側面

治療院のホームページ

私のAll Aboutのページ

腰痛、肩こり、頭痛、生理痛から耳鳴り、めまい、つわり、アレルギーまで。陽開カイロプラクティックは、心とカラダの関係性に着目し、症状の原因を追究する心身医療の総合自然療法院です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。