肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。心と体の臨床日誌
肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。陽開(ひかい)カイロプラクティック院長 山中英司のさまざまな臨床報告と、それを通して見えてくる心と体の関係を本の紹介を絡めて紹介するページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分であり続けるために
当院の待合室には、待っている間すこしでも役に立つものや癒されるものがあるといいと思い、アロマを炊いていたり、ハーブティや雑誌・本が置いてあります。

昨日、一段落して、待合室のソファーに座ったとき、以前から置いてあった本に何となく引き寄せられ、気がつくと開いたページを読んでいました。

田坂広志著「自分であり続けるために」

以前に読んで、とても心に響く内容だったので待合室に置いていたのです。
また改めて読んでみると、以前とは違った響きを心に感じ、しばらく止まらなくなりました。

その中で、最初に開いて読んだページが「人生の最後の日」と言うタイトル。
その章で、アップル・コンピュータの創業者のある言葉を紹介していました。

「もし、あなたが、毎日、これが最後の日と思って生きるならば、いつかきっと、正しい道に進むだろう。」

私はこの文章を読んだ時、「どきっ」としました。
自分は覚悟をして毎日を生きているだろうか。
今に戻された瞬間でした。

お勧めです。
その時の自分に響くページを見つけてください。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら

自分であり続けるために 流されず、いまを生き切る50のメッセージ 自分であり続けるために 流されず、いまを生き切る50のメッセージ
田坂 広志 (2005/12/16)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/tb.php/52-70e2aa2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。