肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。心と体の臨床日誌
肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。陽開(ひかい)カイロプラクティック院長 山中英司のさまざまな臨床報告と、それを通して見えてくる心と体の関係を本の紹介を絡めて紹介するページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オグシオ、腰痛で休場について感じること
北京五輪出場が決まった
バドミントン日本代表の小椋久美子選手(三洋電機)が、

女子の国別対抗戦ユーバー杯を
腰椎ねんざのため欠場することになったようです。

小椋選手は、持病のギックリ腰が、
今年に入ってから3回もなっているそうで、

「腰の状態があまりよくない。
今までのレベルに戻すためにはリハビリをしないと難しい」


と言うことです。
バドミントンのイメージ
・・・

ギックリ腰を繰り返しているようですが、
繰り返してしまう可能性として一番考えられるのは、
症状の結果に対するアプローチしか出来ていないと思われますね。

原因を改善しない限り、症状は繰り返しますし、
症状改善の経過も遅くなってしまいます。

第一、腰痛やギックリ腰を持病と捉えて、
当たり前と考えているようでしたら、それは大きな間違いです。

適切に原因を改善すれば、慢性的な症状は改善します。


スポーツをしている方で、よくスポーツをしている以上、
仕方ないと考える方が多くいますが、まったくそんなことはありません。


腰痛は、
スポーツに関係なく、しっかりケアをすれば充分改善します。


一流のアスリートが

適切なケアを受けていない現状をニュースで聞くたびに、
とても残念な気持ちになります。

おそらく西洋医学の最先端医療は提供されているのかもしれませんが・・・
その選択が選手にとってベストとは限らないからです。
 

むしろ、

心身相関代替医療の立場で見ると、
充分ではないといわざるを得ません。


誤解のないように明確にしておきますが、
決して西洋医学を否定しているわけではありません。

物事を捉える上で、
一つの方向ですべてを捉えることはできない
という事実を述べているに過ぎません。


アメリカの作家、
カレン・サンマンソンは、このような言葉を残しています。
 
「いままでと同じことをずっとしていたら、
いままでと同じものをずっと受けとりつづけるだけだ。」



症状と言う結果を見る西洋医学的視点と
症状の原因をみる代替医療の視点。

今回の腰痛のような機能的に起きている場合は、
症状の原因へアプローチすることが肝要です。

適切なケアをされて、早い復帰を心から祈ります。


山中英司


いつもありがとうございます。
みなさまのクリックが、更新のはげみになります。

治療院のホームページはこちら

◆All About コラム更新情報◆
「スポーツ障害イベント、無事終了!!」
↑コラムの下に投票がありますので評価お願いします。

All About Profile
↑私のAll Aboutのページはこちら

腰痛、肩こり、頭痛、生理痛から耳鳴り、めまい、つわり、アレルギーまで。陽開カイロプラクティックは、心とカラダの関係性に着目し、症状の原因を追究する心身医療の総合自然療法院です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/tb.php/505-d5b28620
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。