肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。心と体の臨床日誌
肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。陽開(ひかい)カイロプラクティック院長 山中英司のさまざまな臨床報告と、それを通して見えてくる心と体の関係を本の紹介を絡めて紹介するページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)と心理的側面
前回、
グロインペイン症候群
有機論的見方で捉えていくことの重要性をご説明しました。

有機論的見方をすると、

全体の関係性を統制している
脳・神経系の機能的側面をみていくことの重要性が明らかになってきます。

その部分では、

カイロプラクティックはとても優れた施術法だと私は考えています。

しかし・・・

厳密に有機論的見方をするならば、
カイロプラクティックも充分ではありません。

説明する先生
・・・

カイロプラクティックは、
身体内での関係性を総合的に捉えてはいますが・・・

身体外との関係性を含めた
心と言う側面を捉えていないからです。

経験的にあると思いますが、
緊張する場面で動きがぎこちなくなったり、
痛みと言うのも主観的感覚ですから、
心理的要素で度合いが大きく変動します。

大きなプレッシャーの中や、
活躍できないモンモンとした心理状況では、
カラダの機能面の低下を生じさせます。

当院では、

心理的面を含めたケアを
心身条件反射療法によって行なっていますが、

その臨床現場では、

逆に調子の良い自分への期待から
機能面の低下を起こしていることも見えてきます。

そのような有機論的に
心と身体の関係性を調和させることではじめて
本質的原因からの改善が可能であり、
あらゆるスポーツ障害には不可欠です。


手術のように結果に対するアプローチか、
カイロプラクティックや心身条件反射療法のように
原因に対するアプローチか、

選手生命や早期改善には、
どちらがベターな選択だと思いますか。


グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)含む、
スポーツ障害でお困りの方は、ぜひご相談下さい。

山中英司

☆関連メルマガ:スポーツ障害? それは貴方にとってチャンスです!

いつもありがとうございます。
みなさまのクリックが、更新のはげみになります。

治療院のホームページはこちら

◆All About コラム更新情報◆
「激しい生理痛・・・女性であることへの抵抗(後編)」
↑コラムの下に投票がありますので評価お願いします。

All About Profile
↑私のAll Aboutのページはこちら

腰痛、肩こり、頭痛、生理痛から耳鳴り、めまい、つわり、アレルギーまで。陽開カイロプラクティックは、心とカラダの関係性に着目し、症状の原因を追究する心身医療の総合自然療法院です。
スポンサーサイト

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/tb.php/448-427ac3e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。