肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。心と体の臨床日誌
肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。陽開(ひかい)カイロプラクティック院長 山中英司のさまざまな臨床報告と、それを通して見えてくる心と体の関係を本の紹介を絡めて紹介するページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォームの崩れ・・・陸上選手 Part1
先日、
長距離の陸上選手の方が来院された。

症状は、
フォーム改造をきっかけに、
走り方がおかしくなり、

結果、フォームが崩れて
最終的には左足がおかしくなり
力が入らなくなってしまったそうです。

フォーム改造でよく起こる現象です。

自分であり続けるために 流されず、いまを生き切る50のメッセージ 自分であり続けるために 流されず、いまを生き切る50のメッセージ
田坂 広志 (2005/12/16)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
・・・

この症例に通じる話が、
上の本にちょうどありますので、
引用させて頂き、
ご紹介しましょう。
(引用ページP70~71)

「ムカデの自意識」

ある暑い夏の日、
ムカデが一生懸命に歩いていました。
すると、通りかかったアリが言いました。

ムカデさん、凄いですね。
100本もの足を
絡み合うこともなく、
乱れることもなく、
整然と動かして歩くなんて、
さすがですね。

その誉め言葉を聞いて、
ムカデは、ふと考えてしまいました。

なぜ、自分は、
これほどうまく、
百本の足を動かせるのだろうか。

アリさんの言うとおり、
絡み合うことも、乱れることもなく、
なぜ、整然と動かして、
歩くことができるのだろうか。

そう頭の中で考え始めた瞬間に、
ムカデは、一歩も動けなくなってしまいました。

先ほどまで、何の苦もなく無意識に動かしていた足を、
一歩も動かすことができなくなってしまったのです。

このムカデの姿は、
我々の姿に、似ています。

自意識の病。

その病によって、
我々は、いつも、
力を発揮できなくなってしまうのです。


彼の症状を
心身条件反射療法でみていくと・・・

まさに

自意識により作り出された症状でした。

つづく。

山中英司

いつもありがとうございます。
みなさまのクリックが、更新のはげみになります。

治療院のホームページはこちら

◆All About コラム更新情報◆
「足底腱膜炎とバレエ」
↑コラムの下に投票がありますので評価お願いします。

All About Profile
↑私のAll Aboutのページはこちら
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/tb.php/404-d53a5365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
前回の続きです。彼の症状は、左足首の力が入りづらく、走ると左足が外側に向いてしまいうまく動かないそうです。肉体面の状態を確認すると・・・左前脛骨筋弱化左大腿筋膜脹筋弱化
2007/11/17(土) 18:19:07 | 肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。心と体の臨床日誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。