肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。心と体の臨床日誌
肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。陽開(ひかい)カイロプラクティック院長 山中英司のさまざまな臨床報告と、それを通して見えてくる心と体の関係を本の紹介を絡めて紹介するページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感情を理解するために・・・NO4
前回の続き

前回、「認知のゆがみ」について
大まかな説明をしました。

今回は、

それぞれの
「認知のゆがみ」を説明しましょう。

説明する先生

・・・

◆全か無か思考
物事に対し『全か無か』『白か黒か』
という両極端の見方をする。

◆過度の一般化
1度か2度起こったことが
この先も永遠に起こり続けるように思う。

◆心のフィルター
良いことは目に入らず
悪いことばかりが見えてしまう

◆マイナス思考
どんなことでも
悪いように悪いように考える

◆結論の飛躍
具体的な根拠もないのに
悲観的な結論を出してしまう

◆過大視と過小評価
自分の失敗を過大に考え
長所を過小評価する

◆感情的決め付け
自分の感情を根拠に
物事を判断する

◆すべき思考
何をするにおいても
「~すべきだ」「~すべきでない」

◆レッテル貼り
自分や他人が
ミスを犯した時にレッテルを貼る

◆自己関連付け
周囲の出来事を
自分の責任にしてしまう

当てはまるのがでてきましたか?

自分の感情のパターンに
まず気づきましょう。

気づくことが第一。

そして、

気づいたパターンから一度抜け出し、

第三者になったつもりで、
反論したり、違う考え方を提示してみて下さい。

そうすることで、
パターンの沼から抜け出せますよ。

沼を出てみると、

案外、
小さい水溜りに
はまっていたことに気づいたりすることも。

ぜひお試し下さい。

山中英司

いつもありがとうございます。
みなさまのクリックが、更新のはげみになります。

治療院のホームページはこちら

◆All About コラム更新情報◆
「顎関節症と頭痛・・・臨床レポート」
↑コラムの下に投票がありますので評価お願いします。

All About Profile
↑私のAll Aboutのページはこちら
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/tb.php/345-f6df7d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。