肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。心と体の臨床日誌
肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。陽開(ひかい)カイロプラクティック院長 山中英司のさまざまな臨床報告と、それを通して見えてくる心と体の関係を本の紹介を絡めて紹介するページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
胸郭出口症候群(TOS)とは Part2
前回、胸郭出口症候群(TOS)の症状についてご紹介してきました。
今回は、西洋医学的な視点で見た症状のメカニズムと治療法をご紹介しましょう。

名前の由来になっている胸郭出口は、腕にいく神経や動静脈が筋骨格の間を走行しています。

この走行している神経や動静脈が骨、または筋肉によって圧迫を受けることにより症状が出ると考えられています。

下記の表が神経性胸郭出口症候群の分類です(クリックで拡大します)
神経性胸郭出口症候群の分類

・・・

分類表を見て頂くと分かりますように
西洋医学では、
症状の多くは先天的異常が原因と捉えているようです。


西洋医学では、通常、軽度の症状の場合、
保存的経過観察や体操の指導。
または、痛み止めの処方となります。

重度の場合は、
関連する筋や骨を切除する外科的手術が行われるようです。

私の見解では、そんな必要性はほとんどありません。

先天的異常が本質的原因だとすると
なぜ小さいときにはでてこないで、
成人で症状がでたり、また日によっても症状が違うのでしょうか?

ここに西洋医学の
症状のメカニズムを原因と考えるトリックが隠れています。


次回、カイロプラクティックの視点でみた
原因追求をご紹介しましょう。

山中英司

いつもありがとうございます。
みなさまのクリックが、更新のはげみになります。

治療院のホームページはこちら

◆All About コラム更新情報◆
「赤ちゃんの夜泣き Part2」
↑コラムの下に投票がありますので評価お願いします。

All About Profile
↑私のAll Aboutのページはこちら
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/tb.php/264-851a67ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。