肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。心と体の臨床日誌
肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。陽開(ひかい)カイロプラクティック院長 山中英司のさまざまな臨床報告と、それを通して見えてくる心と体の関係を本の紹介を絡めて紹介するページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長引く骨折後の痛み・・・間違ったリハビリ
以前からゲルマニウム温浴を利用して頂いている方で、
しばらく来られていない方がいました。

最近、復活してお話を伺うと、
7月にバスケで指を骨折したそうです。

今は、すでにくっついているようですが、
関節の動きが制限され、しびれ痛みが残って、
ずっとリハビリを続けているようでした。

そんな訳で、
今日、カイロプラクティックを受けることになりました。
バスケのマーク

・・・

だいたいこのようなケースは、
回復を遅くしているストレス要素があるものです。

まずアクティベータ療法で検査してみると、
神経バランスが崩れているのが診えていきます。

神経バランスが崩れた状態でリハビリをしたとしても、
悪い状態をカラダに記憶させているようなものです。

例えるなら、
間違ったゴルフのスウィングを反復しているようなもの。
スコアーが伸びないのと同じです。

さらに心身条件反射療法で、心理的要素も確認すると

「仕事のストレス」「リハビリのストレス」

などが出てきました。

骨折後の指を動かしているとき、
心の状態次第で、使っている神経に過緊張を作り出すようです。

仕事のストレスを感じながら、指に負担をかけていれば
そのストレスは、すぐ神経的に不安定な指へと現れ、
腫れたり痛みが出てきたりします。

リハビリもストレスを感じながらやっていると、
動かすことへ無意識に抵抗していきますので、
余計、動かし辛くなったり、痛みがでたり。

治療後、痛みと痺れは軽減し、可動域も改善してきていますが、
治療が長引いている分、それを改善させるのに多少時間を有するかもしれません。

でも、まだ十分、改善して行きますので、
一緒にがんばりましょう。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/tb.php/149-544806af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
以前、カイロプラクティックに通われていた患者様から、ゲルマニウム温浴に来た際、こんな文章を頂きました。神奈川県 30代 女性利き手の骨折をして1ヶ月経ち、治るかと思いましたが、ある病気の疑いでリハビリ
2007/02/21(水) 20:30:25 | 肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。心と体の臨床日誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。