肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。心と体の臨床日誌
肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。陽開(ひかい)カイロプラクティック院長 山中英司のさまざまな臨床報告と、それを通して見えてくる心と体の関係を本の紹介を絡めて紹介するページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
胃の痛みと心のパターン
今日、定期的に来院される女性が、胃の痛みを訴えてきた。

病院でも薬を頂いているようですが、
状態から察すると、あまり聞いていないようだ。
(そもそも薬で症状を押さえ込むことはお勧めしません)

本人は、思い当たる節はないそうですが、
「因果の法則」

必ず原因はあるもの。

心身条件反射療法で原因を見ていくと・・・
薬のイメージ

・・・

「自分の弱さに対する感情」

が神経系の緊張を作り出し、
胃腸系の症状を作り出していることが見えてくる。

その感情による緊張を切り替えると、

患者さん:「痛みが取れ、胃が動き出しました」

施術後、感情が影響していることを説明すると、

「自分にむち打ってがんばらないと・・・」
とか
「いつまでも子供じゃないんだから強くならないと・・」

などのさらに自分に発破をかける言葉が出てくる。

まさに、
その心のパターンがもう限界に来ているようです。

私たちは成長の過程で、
うまくいった心のパターンを記憶します。

この女性の場合は、自分にむち打ってがんばることで、
結果を出すことができたのでしょう。

または、同じようなセリフを両親から言われて、
刷り込まれたのかもしれません。

うまくいっている時はいいのですが、
成長する過程で、いつか必要がなくなったとき、
逆に足かせになってしまっているとき、
そのパターンを変えなくてはいけません。

定期的にくる彼女の場合、
いつもその心のパターンが、本質的原因に絡んでいるようです。

そろそろ心と向き合う時期だと
カラダが教えてくれているように思います。

弱さを認める。
そこが新しいスタートライン。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/tb.php/130-fc789222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。