肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。心と体の臨床日誌
肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。陽開(ひかい)カイロプラクティック院長 山中英司のさまざまな臨床報告と、それを通して見えてくる心と体の関係を本の紹介を絡めて紹介するページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末年始のご案内
★2006年

12月28日(木) 定休日
12月29日(金) 通常営業(10時~20時)
12月30日(土) 短縮営業(10時~15時)
12月31日(日) 休診日

★2007年

1月1日(月) 休診日
1月2日(火) 休診日
1月3日(水) 休診日
1月4日(木) 臨時営業(10時~20時)
1月5日(金) 通常営業(10時~20時)
1月6日(土) 休診日
1月7日(日) 休診日
1月8日(月) 短縮営業(10時~18時)

以降 通常営業

いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。

治療院のホームページはこちら
スポンサーサイト
人生における10箇条
今年、一年を振り返りながら、
以前に集めた資料を整理していると、
ある人の「人生における10箇条」が出てきた。

ディーパック・チョプラ博士。

全米のトップスピリチュアルリーダーとして名高い存在で
米国アーユルヴェーダ医学協会会長でもある。

彼の本を何冊か読んだことがあるのですが、
とても感銘を受ける深い内容でした。
(本は次回、紹介しますね)

この治療院のミッションや価値観を作るとき、
参考資料として集めた中の一つに、この10箇条がありましたので、
今日は紹介したいと思います。
[人生における10箇条]の続きを読む
All About Profileに私のページが開設!!
総合情報サイト「All About Japn」に今日から健康・医療系のProfileページが始まりました。

そして、
All About Profileに私のページが開設されました!!

All About Profile

私の詳しいプロファイルから、
治療院の説明、
治療の説明、
コラムなど。


たくさん情報を更新して行きますので、
たまにのぞいて見てください。
宜しくお願いします。

また、このページを開設できたのは、
センター南で開院されている檜垣暁子先生、そして
「All About Japan 」のスタッフの方々の影の苦労や努力のおかげです。
ありがとうございます。

山中英司

いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。

治療院のホームページはこちら
足の長さが違う?・・・スポーツ障害
今日、小学5年生の男の子がお母さんと来院した。
スポーツ好きな子で、少年野球でキャッチャーをしているそうです。

2,3年前から歩き方がおかしく、
最近、本人も自覚し始めたらしい。

右ひざを少し曲げていないと立ちづらい様子で、
サッカーボールを蹴ると、たまに右ひざに痛みも出る。

片足だけで立ってもらうと、
右足立ちのほうがどうもバランスが悪いのが検査から診えてくる。

サッカーボールとバット
[足の長さが違う?・・・スポーツ障害]の続きを読む
産後のうつ・・・マタニティブルー??
定期的に来院される方が、娘さんの産後の話を教えてくれました。

その方の娘さんは、以前に産後の頭痛・肩こり・腰痛で当院に来ていました。
遠方の方で、実家にいる間しか通えないため、
その後の様子をお母さんが教えてくれたのですが・・・

最近、落ち込んでいることが多かったそうです。
マタニティーブルーみたいな状態ですよね。

産後すぐや3ヶ月後くらいによく起こることで、

とても悲観的になったり、
涙が止まらなくなったり、
軽いうつのような症状
が出てくることがあります。
赤ちゃんと哺乳ビン

[産後のうつ・・・マタニティブルー??]の続きを読む
「完了」の大切さ
昨日、心理学関連のセミナーに参加した。

年末と言うこともあり、
話の中で、「完了」することの大切さを紹介していた。

ビジネスの世界では、
会議や取引などの最後にクロージングをよく行うと思いますが、
それと同じことが心の中でも必要なのです。

「完了」をしっかりしないと、
向こう見ずになったり、
同じ過ちを繰り返したりしてしまうようです。

年末は、今年一年を振り返るちょうどよい機会です。

みなさんも、一年を振り返って、
引きずっている気持ちを「完了」して、
可能性にあふれた来年を迎え入れませんか?

山中英司

いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。

治療院のホームページはこちら
今、この瞬間を生きる
年末になると、
いたる所にカレンダーや手帳を売っているのが目に入る。

本屋にもスケジュール管理の本がたくさん出ていた。

このスケジュール管理は、私の課題の一つ。
いろいろ手帳を変えてみるが、なかなかシックリくるのがない。

手帳やそれに関する本を手に取り出すと、
時間を忘れて考えてします。

スケジュール管理のことを考え過ぎて、予定が狂ってしまうのは、
何ともこっけいな話です。
スケジュール管理のイメージ

[今、この瞬間を生きる]の続きを読む
患者の心理・・・貴重な体験
前回から肩の痛みで通っている患者さん、

「調子はどうですか?」と言う私の問いに、
開口一番、

「五十肩みたいなもんですって」

「以前の接骨院へ行ったら五十肩だからしばらくは治らないと言われました。だからしょうがないですよね。」


正直、なんて返したら良いか分からなかった。
考えるドクター

[患者の心理・・・貴重な体験]の続きを読む
長引く骨折後の痛み・・・間違ったリハビリ
以前からゲルマニウム温浴を利用して頂いている方で、
しばらく来られていない方がいました。

最近、復活してお話を伺うと、
7月にバスケで指を骨折したそうです。

今は、すでにくっついているようですが、
関節の動きが制限され、しびれ痛みが残って、
ずっとリハビリを続けているようでした。

そんな訳で、
今日、カイロプラクティックを受けることになりました。
バスケのマーク

[長引く骨折後の痛み・・・間違ったリハビリ]の続きを読む
「与える」ことの喜び
ここ最近、人にプレゼントなどをする機会が多くありました。
結婚式、誕生日、お礼など。

人から何かを「受け取る」こともうれしいことですが、

「与える」ことで、
相手から「喜び」「笑顔」をたくさん受け取れる。

「与える」ことで、
心がどんどん豊かになれるんだなぁって感じました。

そこで今度は、
今年一年のご褒美に、自分にもプレゼントを買おうと
思うのですが、なんか「ドキドキ」して、

自分に対しては「与える」ことが出来なかったりします。
(財布の中身のリアルなドキドキもありますが・・・)

皆さんは、自分にプレゼントしてますか?

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
子育てお母さん支援作戦!
先日、
出産間もないお母さんが、治療を受けに来られました。

症状は、肩こりや腰痛でした。

肉体的ストレスに合わせ、
精神的ストレスも多くかかるこの時期、
いろいろ症状もいろいろ出てきますよね。

患者さん:
「治療に来たいとずっと思っていたんだけど、
そんな時間も取るのが難しくて・・・」


子供を見ててくれる人がいないと自分の時間も持てない。
ほんと、お母さんたちは大変です。

当院では、
3人の子供を立派に育てているカリスマお母さんがいますので、
お子さんも一緒に来て頂いても大丈夫なのですが、
ちょっと遠慮があるんでしょうかねえ・・・?

そんな声を聞いて、
ほっとく訳にはいきません!!


子育てお母さんを支援する企画アイデア
今、スタッフや近くの治療院の先生と練っていますので、
待っていてくださいね。
(来年になると思いますが・・・)

アイデアもありましたら、ぜひ教えてください!!

それではお楽しみに。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
急性膀胱炎・・・あふれた感情
昨日、定期的に来る患者さんに、

「体調はいかがですか?」

と尋ねると、

「月曜日の朝、急性膀胱炎になってたいへんでした!」

と返ってきた。

今は、ほぼ回復したようでしたが、
そのときは血尿激しい腹痛でかなり辛かったようです。

検査してみると、腹部を抑えると不快な感じと動作による腰痛が確認できました。

病院でお医者さんに、

「ストレスを強く受けた心当たりはありますか?」

と聞かれたようですが、
本人はそのときはあまり「ピン」とこなかったようです。
[急性膀胱炎・・・あふれた感情]の続きを読む
曲がり角を曲がるとき
最近、よく感じることは、

「曲がり角を曲がるときは、スローダウン」

と言うこと。

私たちの思考パターンは、
得意な方法で物事を解決しようとします。

ある時期までは、その方法で成功はしても
必ず通じなくなるときがきます。

ステップアップする段階に来たとき、
従来のやり方を手放さないと行けなくなる。

それは例えると曲がり角を曲がるときのように。

直進ではアクセルをドンドン踏んで加速して行くのはいいでしょう。
でも、曲がり角に来たときは、スピードを落して曲がるのが普通。


ところが、
思考パターンは、そのことが意外と難しい。
曲がり角に来ると、従来のやり方でさらにスピードを上げてしまう。

そして、
それが体の症状として現れる。

最近、左肩に鈍痛がおこる。
自分で分析してみると、
感情をコントロールしようと悪循環になっている感じがする。

何とかしようともがくと
余計、思考で感情をコントロールして行く。

なかなか自分のやり方を手放せない・・・

スローダウン、スローダウン。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
傷つくなら、それは「愛」ではない
傷つくならば、それは「愛」ではない 傷つくならば、それは「愛」ではない
大空 夢湧子、チャック・スペザーノ 他 (1997/11)
ヴォイス
この商品の詳細を見る


今日、ある患者さんに上の本を紹介した。

傷つき、なかなかそこに向き合えない様子で、
彼女の症状もそこから来ているようでした。

回数を重ねるごとに、だいぶ向き合えるようになったので
この本の話をしたら、興味を持ってくれました。

すこしでも先へ進むヒントになりますように。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
「肩こり・腰痛」・・・抑えた感情
肩こり腰痛で診ている患者さん、
今日が2回目の来院でした。

腰痛は、以前の交通事故を境に自覚し始め、
肩こりも、そのときを境に出てきた感じでした。

前回の治療直後は症状は消失していたのですが帰宅後、
「すごくカラダがだるくなって早く休みました。」

一般的に言われている好転反応
でも、それは施術者に原因がある場合のあります。
好転反応にもやっぱり原因はありますから。

今日は、そこまで掘り下げて診てみました。
腰痛の画像

[「肩こり・腰痛」・・・抑えた感情]の続きを読む
抵抗のサイン
昨日、一昨日と治療院を休ませて頂き、心理学関係のセミナーで勉強をしてきました。

二日間でたくさんの「知識」と共に「体験」をして、
今日は、ちょっと頭と心の整理に戸惑って、
実務をこなすのにちょっと苦労しました。

さっそく学んできた面白い話を一つだけ紹介します。

それは、「抵抗のサイン」と言うもの。

私たちは、無意識の部分にある物事(ひと)に抵抗があると、
何気ない日常にそれが現れてきます。
[抵抗のサイン]の続きを読む
All About の取材
昨日は、定休日でお休みでしたが、
仕事で恵比寿へ行ってきました。

あるご縁で、
生活総合情報サイト「All About」のProfileと言うページに
私のページを新設させていただけることになりました!

私のビジョンは、
「感性を取り戻し、
心身の調和した健康的な世の中を実現すること」


そのためには、まず情報を発信する場が必要なわけですが、
今回のお話は、その一つのツールとして、
とてもよいお話を頂いたと感謝しています。

「ありがとうございます。」

「All About」さんの方も、健康関連のProfileページは
今回、新設される企画らしく、
取材からその準備に関することなど、お話をいろいろお伺いして、
本当に新しいことを立ち上げることの大変さと影の努力を感じました。

それにお答えできるようにと身の引き締まる思いです。

お互いの「志」をともに出来る、「win-win」の関係作りができるよう
これから、誠心誠意で関わって行きたいと思います。

ちなみに、新設ページは、27日アップ予定ですので、
またお知らせします。

おたのしみに。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
ストレス→神経→免疫
ホームページの「アレルギー症状でお困りの方へ」と言うコンテンツを更新しました。

専門的なことを、難しく説明することは出来るのですが、
やさしく、分かり易く説明すると言うのは本当に難しいものです。

まだまだ、不十分な説明ですが、
アレルギーのメカニズムから、当院での対応法を、
出来るだけやさしく説明しましたので、
ぜひ見てください。
治療院のホームページはこちら

下の本は、やさしく説明すると言うところで、
とても参考になりましたので紹介します。

山中英司

がんも自分で治せる!図解安保徹の免疫学入門―生き方を変え、免疫力を高める生活で、どんな病気もすぐ治る!! がんも自分で治せる!図解安保徹の免疫学入門―生き方を変え、免疫力を高める生活で、どんな病気もすぐ治る!!
安保 徹 (2003/11)
宝島社
この商品の詳細を見る


ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
西洋医学との診方の違い
よく病名を言われ、こんな質問をされることがあります。

「坐骨神経痛ですが治りますか?」
とか
「病院で椎間板ヘルニアと言われたんですが?」

通常、西洋医学では、
症状やメカニズムから分類し病名を付けて行きます。
そして、病名ごとに治療の仕方が決まってきます。

その影響で、患者さんも病名を知りたがり、
病名で治療できるか質問をされたりするのでしょう。

この質問で、私がお答えできるのは、
「根本原因が見えてくれば、お力に充分なれますよ」
・・・・
考えるドクター

[西洋医学との診方の違い]の続きを読む
肩こり・・「怒り」の本当の感情
最近、頻繁に来院される患者さんに、
寝起きのひどい肩こりと背中のニキビでお困りの方がいます。

症状は、最近になって急に出てきたようで、
女性なので、ニキビはとても気になる様子でした。

「仕事中に肩が凝るなら分かるんですけど・・」

と、本人も肉体的なストレスが原因ではないことは気づいているようです。

症状を心身条件反射療法で診ていくと、
どうも「対人関係」で、抑圧した感情が神経の緊張を作っているようでした。
・・・
不眠のイメージ

[肩こり・・「怒り」の本当の感情]の続きを読む
今年もあとわずか・・12月のテーマ
早いものでもう12月。
今年もあとわずかになりました。

治療院の大掃除。
年賀状の準備。
来年に向けての準備。

やることが沢山あり過ぎて、
どこから手をつけていいのか悩むところです。

なので、あえて12月のテーマは、
「ゆとりをもって過ごす」

時間や物事に追われることなく、
今年のこの瞬間をしっかり楽しみたいと思います。
(目標にあげるということは今、できていないという事ですが・・・)

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら

12月1日の夕日
(↑クリックすると大きくなるよ)
「死ぬ瞬間」・・・本の紹介
昨日のブログの中で、エリゼベス キューブラー・ロスの本の話が出てきたので、今日も彼女の本を一つ紹介しましょう。

本のタイトルと写真はこれです。↓

死ぬ瞬間―死とその過程について 死ぬ瞬間―死とその過程について
エリザベス キューブラー・ロス (2001/01)
中央公論新社
この商品の詳細を見る

彼女は、終末期医療のパイオニアで、死を行く人々、約二百人への直接面接取材で得た“死に至る”人間の心の動きを研究した画期的な書です。

その過程には5段階があるとしました。
第一段階、否認と孤立
第二段階、怒り
第三段階、取引
第四段階、抑うつ
第五段階、受容


この五段階は、決して死を直面したときのみ起こる心理ではなく、
日常の心の中で、常に行われているのではないでしょうか。

彼女のすごいところは、「死」に対して、真っ直ぐな姿勢。
彼女にとって、「死」「生」と同義語だったのだろうと思います。

お勧めします。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
めまい・・・「役割」をやめる時
今日、朝一番に常連の方から電話で予約が入った。

今回は3日前位からあるめまい・ふらつき
原因は分からず、頭を動かすと強くふらつき感が出るようでした。

さっそく心身条件反射療法で無意識にある感情を確認していくと、

「役割」「心配」

カラダに影響しているのが分かりました。
それによる心身のバランスを正常に整えていくと
ほぼ症状は消失しました。
・・・
めまいのイメージ

[めまい・・・「役割」をやめる時]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。