肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。心と体の臨床日誌
肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。陽開(ひかい)カイロプラクティック院長 山中英司のさまざまな臨床報告と、それを通して見えてくる心と体の関係を本の紹介を絡めて紹介するページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手書きの手紙
このブログもそうですが、普段ものを書くときは、カルテの記入以外は、ほとんどパソコンで書いています。

パソコンって便利ですよね。
編集は楽ですし、漢字変換、誤字を教えてくれたり。
私は字が下手なので、何より見栄えが良いのがパソコンを使う理由でもあります。

でも、人から手紙や葉書を頂いた時、何となく嬉しいのは手書きの方なんですよね。

言葉は言霊とも言います。

パソコンで打ち込んだ言葉より、丁寧に思いを込めて書かれた手書きの言葉の方が、その気持ちが伝わるのだと思います。

今日、そう言う思いから、しばらくお会いしていない祖父に残暑見舞いのお手紙を書きました。

歪な文字ながら、その人のことを思い、和紙に思いを綴る。
その瞬間は、その人を目の前に感じるような気もします。

書き終えた後は、とても心地よい満足感と、祖父が読んでくれた時の期待感に胸を膨らまし、温まる時間を過ごすことが出来ました。

誰かを思いながらその時間を過ごす。
そんな時間をたまには作るのも大切なことだと感じました。

お祖父ちゃんありがとう。

山中英司

手紙イメージ


ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
スポンサーサイト
腰痛・冷え性・日光アレルギー
以前、腰痛・冷え性・日光アレルギーの症状で通われていた患者さんに頂いた感想を紹介します。(約2年前に頂いた内容です)

神奈川県 38才 女性
10代の頃から足が冷えるとズキズキ痛み、20代半ばでギックリ腰をやってから、腰痛に悩まされていました。
そして、ここ5年くらいは、風邪をよくひくようになり、どこかいつもダルイとか、痛い日々。
この春には整形の方で、変形した骨のレントゲンをみて、あぜんとしてしまいました。

そんな時に、陽開カイロと出会いました。
赤ちゃんから老人まで安心して受けられる、無理にひねらない。
副作用がない。骨は、曲がっていたりするが、そのまわりの神経が正常に働いていたら、体は元気でいられる?
そんなことにひかれての、一回目の治療。
ていねいな問診と、治療法についてのくわしい説明があり、パチンパチンという音とともに、神経に刺激を与える(?)道具とともに、体のゆがみや神経の状態をみていきました。
手が触れるのは、ほんの少しなのに、体がどんどん脱力していき(最近はよだれがでながら眠ってしまうほど)ました。
その他、ストレスチェック(?)として、私は、嫌悪と恐怖という感情を過去、発散できずにいて、体に影響を与えていると言われました。
心の状態が体に影響している?
何が原因かは、自分で自問自答し、心の中にあまりためないように、日々過ごしました。
何回か通いながら、心のストレスが解消されていると言われ、小さい頃の日光に弱い話をして、日光のアレルギーも治療していったら、毎年夏にでる湿疹が消えていました。
今は治療10回目が過ぎ、「体ってこんなに軽かった?すがすがしいって、こんなこと」と体が楽になりました。
治療後は、すごくだるくなり眠くなりますが、人によっての経過反応はあるのかもしれません。
体の声に耳をかたむけるきっかけになっている治療です。

腰痛の画像

[腰痛・冷え性・日光アレルギー]の続きを読む
準備の月
僕は、年間のテーマから月ごとのテーマまで、テーマを決めて取り組むことにしています。

今月8月のテーマは「準備」

今、「仕事」や大げさに言うと「人生」まで、大きな変換期に来ているような気がしています。
と言うより、そのように模索・変化して来たと言った方が適切かもしれません。

自分が更に上を目指せるよう、心と現実の両面から徹底的に滞りを見つめ、流れを作り出そうと「準備」をテーマにしました。

そう決めると不思議とテーマに沿った現実が現れてきます。
自分の心の滞りが、現実的に事件を起こしたり、症状を作り出したり、問題を起こしたりします。

それを乗り越えるたびに、流れが加速し、変化が加速度的に起こるのを感じるようになってきました。

進化論を唱えた自然科学者、チャールズ・ダーウィンのこんな言葉を思い出します。

「最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるわけでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である。」


今月もあとわずか。

変化のためにどれだけ「準備」できるか。
楽しみです。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
壊していく勇気
昨日と今日、2日間アクティベータ療法のセミナーに、スタッフとして参加してきました。
そこで感じたのは、今回初参加された先生方のエネルギー。

一言で言うと「すごい」!

一度学ばれたことに固執せず、常に新しく作り上げていく向上心。

自己否定し変化すること。
進化の原則かも知れません。

壊していく勇気もらいました。

山中英司
外傷の後遺症による肩関節痛
以前、肩関節痛で来院された患者さんから頂いた感想を紹介します。(約1年前に頂いた内容です)

神奈川県 40代 女性
私がアクティベーターの治療を受けて6回位になります。
肩の骨折で痛みにかなり参っていた所、一度、二度と回数を重ねるごとに本当に不思議な程、痛みが和らいできました。

薬と違って副作用も無く安心して施術を受けています。
即効性があるので、精神的にも、肉体的にも大変信頼できて、前向きに取り組めます。

又更年期に入っていますが、自律神経やホルモンのバランスなども健康な状態に戻して、カラダのバランスを整えるという事ですので、現在その日の体調にも合わせて治療して頂いています。

先日は、お腹の調子が悪く、翌日にバスでの一日ハイキングを控えて非常に心配していましたが、先生にお腹も施術して頂き、「大丈夫ですよ」とおっしゃってくださいました。
本当に次の日のバス旅行は、お腹の痛みもなく、楽しい一日を過ごせました。私にとってアクティベーターは、大切な時間になっています。

骨折イメージ

[外傷の後遺症による肩関節痛]の続きを読む
手助けすることで自らが助けられる
昨日、定休日で、茅ヶ崎で最近「エステサロン」を開業した知人のところに、遊びに行ってきました。

そこで、ヘナデトックスを初めて体験。
エステと言う類のものを初めて体験したんですが、とても気持ちがよく、「癒し」としてとてもよい時間を過ごすことができました。

また、今回遊びに行った目的のひとつに、開業して間もないと言う事で、何かの助けになればいいと言う思いもあったからでした。

案の定、どう周りへ宣伝していくか、いろいろ模索しているところがあり、何より「不安」からオンとオフの気持ちの切り替えが、難しいと言う話でした。

私は、開業して今年で4年目にはいり、今は気持ちの余裕を多少持てるようになりましたが、開業当初は気持ちに余裕がなく、また実際に無から何かを作り出していくことの大変さを身をもって体験しました。
ですので、彼女の置かれている状況が痛いほどよく分かります。

そして今年、私の施術院は、将来のビジョンへ向けて、新たな準備に入りました。
その過程で、開業当初の体験した「新しいことをやることへの恐れ」や、「覚悟することへの恐れ」が最近また見えてきます。

彼女を出来るかぎりバックアップすることで、またその当時の初心のパワーを思い出したり、自分で作り出した自分の中の「恐れ」も打ち消すことが出来るような気がします。

「手助けすることで自らが助けられる。」

彼女に感謝です。
お互い頑張りましょう。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら

~知人のエステサロンの紹介~
SIESTA(シエスタ)
茅ヶ崎市東海岸北2-1-39 Tsコート203
電話:0467-83-1377
内容:清美肌、全身オイルトリートメント、ヘナセラピー、ヒーリング・ダナ
(ヘナセラピー体験しました! すごいお勧めです!!)
ワンクリックで募金ができる !
昨日、インターネットで調べものをしていたら、たまたま面白いホームページにたどり着いた。

「クリックで救える命がある」


クリック募金と言うもので、クリック募金サイト上の募金ボタンをクリックするだけで、無料で募金ができる仕組みだそうです。
自分がお金を払うわけではなく、スポンサー企業が寄付をするので一切お金がかからないというので、とても気軽に参加でき、なかなかいいアイデアだと思いました。

自分のできるところから、できる範囲で、まずは参加する。
それが大事だと思いました。

という事で、さっそくこのブログの右下にリンクでつけましたので、興味のある方は、ぜひクリックしてください。

よろしくお願いします。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
自分であり続けるために
当院の待合室には、待っている間すこしでも役に立つものや癒されるものがあるといいと思い、アロマを炊いていたり、ハーブティや雑誌・本が置いてあります。

昨日、一段落して、待合室のソファーに座ったとき、以前から置いてあった本に何となく引き寄せられ、気がつくと開いたページを読んでいました。

田坂広志著「自分であり続けるために」

以前に読んで、とても心に響く内容だったので待合室に置いていたのです。
また改めて読んでみると、以前とは違った響きを心に感じ、しばらく止まらなくなりました。

その中で、最初に開いて読んだページが「人生の最後の日」と言うタイトル。
その章で、アップル・コンピュータの創業者のある言葉を紹介していました。

「もし、あなたが、毎日、これが最後の日と思って生きるならば、いつかきっと、正しい道に進むだろう。」

私はこの文章を読んだ時、「どきっ」としました。
自分は覚悟をして毎日を生きているだろうか。
今に戻された瞬間でした。

お勧めです。
その時の自分に響くページを見つけてください。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら

自分であり続けるために 流されず、いまを生き切る50のメッセージ 自分であり続けるために 流されず、いまを生き切る50のメッセージ
田坂 広志 (2005/12/16)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
寝起きの症状
当院に来られる患者さんの訴えでよくあるのが、「寝かたが悪かったのか朝起きたら痛くなっていた」、「起きたときが調子が悪い」とか「朝起きると緊張している」などがあります。

この時、たいていの患者さんは、枕のせいやベッドの硬さを心配されています。

ところが実際は、寝る環境の変化が影響している要素はそんなに大きくないんです。
それに朝、症状を訴える方、みんなが環境に変化があったわけでもないですし。

たしかに環境が変わることで、多少睡眠の質に影響はでますが、本来、私たちは環境への適応力を持っています。

その適応力が落ちている別の本質的問題があるんです。
睡眠障害のイメージ

[寝起きの症状]の続きを読む
思い描くこと
最近読んだ新聞にこんなことが書いてありました。
亀田選手の大胆発言は、その発言による自己暗示効果があり、有効な方法であると言う内容でした。

確かに、スポーツ選手は、まず具体的な目標をしっかり宣言する人が多い。そうすることで、自分の意識をそこにフォーカスできるのだろう。

実は私も同じようなことをやっています。
年末にあるセミナーの中で、ビジョンマップと言うのを作りました。
今年一年、どんな夢を実現したいか画用紙に、そのイメージの写真や文字を雑誌などから切り取って一枚の地図を作成したのです。

そのビジョンマップは、施術院の壁に常に貼ってありますし、携帯の待ち受け画面にも設定してあります。

そうすると、無意識にそれを見ていたり、または意識的にそのマップをみて、どれだけ自分がそれが出来ているか確認でき、自分の方向性を見るたびに再確認できるのです。

夢や希望って、日常では潜在意識のレベルにあり、あまり意識することがないんですが、このマップを見るたびに、顕在意識に上がってきてとても便利です。

私が年末に作ったビジョンマップは、普段意識していたおかげで、3分の2程度は実現することができました。
あと、3分の1。まだ4ヶ月。(もう4ヶ月・・・)
どれだけ実現できるか楽しみです。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
心の旅
昨日、一昨日と少し遅れでお盆休みを頂いた。
久しぶりの連休でした。

以前から、どうせ連休ならどこかに出かけようかと、考えていたのですが、なかかないい案が浮かばず、しかも天気が崩れていたので、結局、特別どこに出かけることなく近場で過ごしました。

本を読んだり、物思いにふけったり、ビデオを見たり。
自分のカラダの状態を整えてみたり。

実は、最近、寝起きの時だけ、右腰にハリ感を自覚していました。
連休になると、いつもよりそのハリも強く、「これは何かある」と思い、自分の心の整理をすることに。

いろいろ見えていくのは、自分の中で抑圧して、分離した感情。
「こんな感情あったんだ」と思うような部分が噴出し、ちょっとびっくり出した。

でも、分離した部分が少し戻って何かほっとした連休を過ごすことが出来ました。

必要な時期に必要なことが起こるもの。
ちょうど「外への旅」より、「内への旅」が必要な時期だったのかも知れません。
腰痛に感謝です。

さて、今日からお仕事再開。
頑張ります。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
「症状」には目的がある
昨日、「30日間で、どんな問題も解決する方法」と言う本を読んでいたら、普段、臨床で感じていることがそのまま書いてあって、その文章にとても共感してしまいました。

箇条書きになっているところを引用するとこんな感じです。

1.どんな「問題」も、意識の中にある「対立」を現している。
2.意識を変えると、意識を変えると世界が変わる。
3.「問題」は選択の結果である。私たちは別の選択をすることができる。
4.「問題」には目的がある。
5.癒しへの願望、先に進む意欲が「問題」よりも強ければ、「問題」は解決される。

この文章の何に、共感したかと言うと、この「問題」と言う部分をそのまま「症状」と置き換えた文章が、私が常々感じていたことだからです。

1.どんな「症状」も、意識の中にある「対立」を現している。
2.意識を変えると、意識を変えると「症状」が変わる。
3.「症状」は選択の結果である。私たちは別の選択をすることができる。
4.「症状」には目的がある。
5.癒しへの願望、先に進む意欲が「症状」よりも強ければ、「症状」は解決される。

この本、タイトルからすると手軽そうな本ですが、かなり内容が深いです。
何度も読み返し、頭で理解し、更に心まで落とし込まないと、本当の意味は掴めないのかも知れません。
それくらい、深い内容だと思います。

興味ある方、ぜひ読んでください。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら

30日間で、どんな問題も解決する法 30日間で、どんな問題も解決する法
チャック スペザーノ (2000/02)
ヴォイス
この商品の詳細を見る
子供の感性、大人の理性
私たちのカラダは本当に心に正直だと思う。
臨床現場や自分の体験する症状からつくづくそう思う。

ある日、子育てに関連した話を他の先生としている時に、ふと思いつき納得したことがあった。
それは、子育てと心の成長は同じやり方が都合が良いということを。

私たちは、子供の時は、あまり理性は使わず、感性で生きている。なので、とても自分に正直に生きている。
でも社会や人とのつながりが必要なため、どうしても理性も身につけなることを学んでいく。
それは必要不可欠なことだけど、そのバランスが大事。

感性=心=子供理性=頭=大人
と簡略的に捉えることもできる。
そして、意識の4%が顕在意識で、残り96%が潜在意識。
感性(子供の心)は、潜在意識の大部分で、実は大人になっても心の大部分が子供の心のままである。
泣く子供

[子供の感性、大人の理性]の続きを読む
腰痛の記憶と心の記憶
以前、左臀部の痛みで通われていた方で、症状はほぼ完治してメンテナンスで通われている方がいます。

今日、久々に来院され、調子のほうを伺うと、軽い症状ではありますが、まだたまに左臀部のコリ感を感じることがあるそうです。

早速診ていくと、全体的には、とても調子はいい感じで、神経バランスも崩れていませんが、左骨盤周辺だけ、すこしバランスが崩れているのが、検査でみえて来ました。
そして、前回のカルテと照らし合わせると、ほぼ同じパターンで崩れているのが分かりました。

次に感情面からアプローチしていき、見えてきたのが「過去のストレス」。
聞いてみると、「仕事の役割・責任」と言う部類のストレスで、その当時、相当ストレスだったようです。ちょうどこの症状が出始めたのがその時からだったようです。

これは、以前に紹介しました神経系の記憶によるものだと納得してしまいました。
先生の説明

過去のストレスがまだ腑に落ちていなかったり、どこか潜在意識に滞りとして残っていると、神経系に記憶としてそのパターンが残るのです。そうすると、似たような状況や同じような感情を感じると、その症状がぶり返し表面化してくるのです。

この方も、たまに症状が出る時は、仕事や家事をやっている時で、お話を伺っているとどこか「役割・責任」と言う感情で動いている時ではないかと思いました。

その感情が、深層心理で過去の感情とリンクして、カラダのパターンを再現しているのではないでしょうか。
自分の心にウソはつけないですよね。
カラダに写る心の状態を見てあげる時間、すごく大切な時間だと思います。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
めまいと肩こり
以前に、めまいと肩こりで通われていた方から頂いた感想です。
(約1年前に頂いた内容です。)

神奈川県 51才 女性
若い頃から元気印を自負していた私ですが、4~5年前から、めまい感がしたり、平衡バランスが悪かったり、首から肩に強いはりを感じたり、病気とまではいかないけれども、何かしら以前とは明らかに体調が違うと感じることが多くなりました。

年令的にみて、更年期症状なのかなと思いつつも、自分の身体に自信が持てず、不安な気持ちがつのりました。
最近よく耳にするカイロプラクティック、もしかして症状が改善するかもしれないと興味はあったものの、どんな治療をするのかしら、痛くないのかしら、そして何よりも安全なのかしらと色々考えると、今一歩踏み出せないでいました。

そんな時、国際基準のカイロプラクティックのアクティベータ治療法を知りました。先生から、この治療法の安全性や有効性について説明をうけ、これなら私も勇気を出して治療していただこうかと考えました。それでも正直、その直前までとても不安でした。
しかし、その治療の様子を自らテレビ画面でみせていただくうちに、へぇー、へぇーと驚きの連続で、それまでの不安はすぐに消えていきました。

治療は、バランスの乱れている関節近くの神経に、少しの振動を与えることでそのバランスを整えていくというもので、ボキボキなどというたぐいのものではなく痛みなど全くありませんでした。

私の場合、首周辺や、10年前にアキレス腱を切った左足、聴神経などにも、バランスの崩れがでていたようです。
数回の治療を受けた今、神経バランスが少しずつ整ってきたのでしょうか、以前のような身体の不安定感をあまり感じなくなり、元気印の私を少しずつとり戻しているように思います。

めまいのイメージ

[めまいと肩こり]の続きを読む
鼻炎、胃腸の問題
以前、鼻炎、胃腸の問題で通われていた男の子のお母さんから頂いた感想を紹介します。(約2年前に頂いた感想です。)

神奈川県 12才 男の子(お母さんから)
息子(中1)が、5回ほど治療していただきました。
彼は、アレルギー体質で花粉の時期や季節の変わり目などに鼻炎になりやすく、冬は風邪をひきやすく、すぐに気管支炎になり、長い間、咳や鼻水が止まらないような状態でした。
そのせいか集中力にも欠けているように思います。
また、おなかも弱く、すぐに下痢をしてしまい、精神的にも不安だったようです。

病院にかかっても、大量の薬を処方してくれるだけで根本的な解決にはなりませんでしたし、私自身、大量の薬を飲ませることに疑問を感じていました。
そんな時に、カイロプラクティックの事を知り、ためしに治療していただく事にしました。薬も使わないし、人間が本来持っている治癒力を高め、根本的な治療をしていただけるのでは・・・と思ったからです。

初回の治療では、やはり何ヶ所か以上があり、何回か治療していただいた後には、毎朝トイレにこもっていた息子が1回で学校に行けるようになりました。
鼻炎もおさまっているようです。
また、先生に「もう健康体になったよ。」と言っていただいた事で精神的にも楽になったようです。精神的に不安が少なくなれば、自信も持てるし、体も良い方向に向かっていくのではないかと思っております。

鼻炎のイメージ

[鼻炎、胃腸の問題]の続きを読む
膝関節の痛み
以前、膝の痛みで来院された方から頂いたコメントを紹介します。(このコメントは、約1年前に頂いた内容です。)

神奈川県 50才 女性
私は4月からゲルマニウム温浴に陽開カイロプラクティックに通っていました。まだその頃は、体にだるさはありましたが、特にここが痛いというわけではありませんでした。
6月末にあるスポーツをして、5年前に痛めたことのある、右膝に痛みを感じるようになりました。
階段の上り、下りが困難になり、膝も伸びないで、曲がった状態でした。
ほぼ、週に2回通っている気軽さもあり、アクティベータ治療がどういうものか、あまり理解できていないまま、治療を受けることにしました。
山中先生の治療は、説明が的確で、安心してお任せできました。
伸びなかった膝が伸び、困難であった歩行・階段の上り下りもスムーズにできるようになりました。
膝だけが痛いと思っていましたが、治療をしていただいている時、気が付いたのですが、身体全体のバランスがくずれていることが、よくわかりました。
更年期という時期でもあり、神経バランスがくずれているこの時期に、アクティベータ治療に出会えた私は、ラッキーだと思います。
これからも、健康のために、続けていきたいと思っています
[膝関節の痛み]の続きを読む
カイロプラクティックと自律神経
カイロプラクティックの自律神経への影響は、世界で多く研究され、その効果も多く証明されています。

カイロプラクティックの目的は、神経系を整えることですから、当たり前ではあるのですが、カイロプラクティックは、西洋医学的証明が難しい要素が多く、自律神経への影響は、西洋医学的証明できる数少ない効果ではあるかもしれません。

私のところでも、以前、自律神経の働きを測定する機械をかりて、臨床実験をしたことがありました。

いくつかのケースで、測定した中で、顕著に自律神経への影響を見ることが出来た例を、一つ紹介しようと思います。

症状は、肩こりと不眠症で、中年の男性でした。
[カイロプラクティックと自律神経]の続きを読む
子育てお母さんのストレス
つい先週、友人夫婦の出産祝いに遊びに行ってきました。
生まれて1ヶ月くらいたっていたのですが、海外出張などと忙しく、やっと行けて、ほっと一安心。

相手も待ってましたと、私に施術を頼むのですが、どうもお母さんは、出産後すぐの子育てにちょっとストレスが溜まっているようで、腰痛で悩んでいました。

早速、その腰痛を診ていくと、案の定、ストレス。

そのストレスの内容は、「子供の心配」と夜中の授乳の「眠りたい」と言うストレスでした。

その痛みを楽にすると、本人もそのストレスをぶちまける様に、話は弾み、その日はとても楽しい友人訪問になりました。
子育てお母さん

[子育てお母さんのストレス]の続きを読む
バッチフラワー・カウンセリング始動!!
カラダはいつも素直な存在。
常に忠実に心を映し出してくれます。

ある時は痛みで。
ある時はコリ感で。
ストレスで胃が痛くなるのは、納得しやすいカラダの声。

実は、症状として訴え始める前に、その反応は神経系を介して起こっています。
頭で意識・無意識関係なく、いろいろ思うたびに、カラダは緊張したり緩んだり、心の状態に常に忠実です。

当院のカイロプラクティックでは、このカラダの反応を、筋力検査や足の長さの変化で診ていきます。

そんな話を踏まえて、うれしいお知らせです。

バッチフラワーボトル

[バッチフラワー・カウンセリング始動!!]の続きを読む
今を生きる~座禅会体験~
今日の朝、月一で行われている座禅会に参加しました。
以前から、参加してみたいと思い調べてみたら、施術院からそんなに遠くないところにある「祥泉院」と言うお寺でやっていました。

実は先月行く予定だったのですが、心配していた早起きが出来ず、今月リベンジと意気込んでいました。

早起きして外に出ると、この時期の朝は、空気が湿って少しひんやりして心地よく、柔らかい日差しを浴びながら、自然と深呼吸したくなる健やかな感じです。

お寺に行くと、その健やかな感じに、さらに静寂と心地よい緊張感が加わり、さらに気持ちが澄んでくるのを感じることが出来ました。

そして、時間と共にお寺の和尚さんが現れ、簡単な説明のあと座禅がスタートしました。

内容は、20分座禅、5分休憩、また20分座禅、その後、10分程度、般若心経を読むと言う流れです。

座禅イメージ

[今を生きる~座禅会体験~]の続きを読む
心のあり方~今日学んだこと~
施術において「術者の心のあり方」は、とても重要な要素です。
今日、それを改めて学ぶ出来事がありました。

以前から、来院されている方で、回数券を購入され、通って頂いている方がいました。
ただ、回数券を購入されて通って頂いているのですが、なかなかしっかりとした効果が出せないでいました。

毎回、ある程度の変化を出せるのですが、それが持続しない状態だったので、お互い何となく気まずいような気持ちがあったのではないかと思います。

この時、私は「施術の意味」や「心と体の関係」について、何度となく説明はしていたのですが、効果と結びつかず、患者さんにうまく伝えきれないでいました。
そしてそのことを、自分の心の未熟な部分が、患者さんのせいにしていたのだと思います。

実際、施術があまりうまくいかないケースを、分析してみると、どうも毎回、同じようなタイプの患者さんだったりしたからです。

でも、それは自分の未熟さの言い訳に過ぎませんでした。

言い訳

つい先日、その方から電話で相談を受けました。
「カイロプラクティックの回数券がまだ残っているのですが、ゲルマニウム温浴の方に切り替えられないか」と言う内容でした。
[心のあり方~今日学んだこと~]の続きを読む
耳鳴り、目の痛み
以前、耳鳴りと目の痛みで来院された患者さんから頂いた、感想を紹介します。

神奈川県 60才 女性
耳鳴りがひどく2ヶ月ほど耳鼻科で治療をうけましたが、なかなか治らず、アクティベータの治療をうけて2回目に、ひどい耳なりがピタリと止まりました。

又目の具合も悪く、眼科の検査での異常もみつからず治療できなかった目の奥の痛みや目の疲れ、うっとうしい感じも少しずつとれて来ました。
ストレスにもさらされていましたが、回を重ねるごとに体が整ってきたのか、いくらか上手に対処できるようになりました。
治療を受けている最中、不思議なほど気持ちと体がリラックスしているのを感じます。

ストレスの対処には精神的なものだけでなく、ストレスに強い身体づくりも必要なのだと知り、心と体の深いつながりにあらためておどろいています。

今まで体験したカイロプラクティックと違い、痛みがぜんぜん伴わないので、心地よく安心して治療がうけられます。

耳鳴りイメージ

[耳鳴り、目の痛み]の続きを読む
選択のパワー
昨日は、通常より少し早めに営業を終了しました。
それは、臨床現場や普段の生活でも生かせると思い、たまに心理学の勉強会へ参加しているためです。

この心理学勉強会は、ビジョン心理学と言う心理学の勉強会で、勉強というより、その場で体験を通じて、自分を内観し、気づき得ると言う感じで、とても楽しい雰囲気の参加体験型学習といったところです。

昨日の勉強会は「選択のパワー」と言うテーマ。

ビジョン心理学では、すべては選択の結果であり、未来への選択にしっかり責任を持つことが大事であると、考えています。

ペアになって、お互いの悩みや問題などを分かち合いながら、その悩みや問題を選択している自分の本質を探して行きました。
勉強イメージ

[選択のパワー]の続きを読む
夜泣きの子供
今日は、子供や子育てお母さんが来院されることが多く、不思議とその日の傾向があったりする。

特に、印象に残ったのは、子供の夜泣きを訴えて来院された家族でした。
1歳数ヶ月のとても可愛らしい男の子で、寝ても数時間で泣き出して起きてしまうという状態でした。

子供、特にまだ小さな子の症状を診るときは、やはり重要になってくるのは、「親子の関係性」や「両親のストレス」
この関係性を診ないで、子供の健康を維持することは難しいです。

親子の関係を示すよい例として、以前テレビでこんな実験をやっているのを見たことがあります。
それは、まだ生後間のない赤ちゃんと脳波と、お母さんの脳波を同時に測定した実験で、2人を離れたところで測った脳波の波形とお母さんが赤ちゃんを抱っこして測った波形を比べたものでした。
泣き顔の絵

[夜泣きの子供]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。