肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。心と体の臨床日誌
肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。陽開(ひかい)カイロプラクティック院長 山中英司のさまざまな臨床報告と、それを通して見えてくる心と体の関係を本の紹介を絡めて紹介するページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腰痛・大腿のツッパリ感
以前、腰痛の患者さんから頂いた感想を紹介します。
神奈川県 34歳 女性

ラケットボールを愛好しています。
3年程前から腰痛に悩まされるようになり、ここ1~2か月は右足腿裏につっぱりを感じ、以前からチラシで知って気になっていたカイロ治療院を訪ねてみました。
2週目(週2回)で日常生活におけるつっぱり感はほぼなくなり、腰の可動域が広がってきました。
その後週1回ペースにし、スポーツの練習量も通常に戻しましたが、悪くなることは無く、少しずつ改善されてきているようです。

アクティベータ治療の良い所は痛みが無いこと、はじめに集中して通うとかなり症状が良くなり、悪い 方へ戻らないこと、でしょうか。
このあとどんなふうに、どこまで自分の体が良くなっていくのか楽しみです。

願わくは二十代前半の腰の状態に持っていければ…。そこまで望むのは無理でしょうか?

テニスのイメージ

[腰痛・大腿のツッパリ感]の続きを読む
スポンサーサイト
アトピーの女の子
以前、来院されたアトピーの子供のお母さんから頂いた感想を紹介します。
神奈川県 41才(娘 10才) 女性

10才になる娘は、生まれつきのアトピー性皮膚炎と3才から気管支喘息で、いつも咳やかゆみに悩まされてきました。
最近では特にアトピーがひどく、寝ていても夜中に無意識のうちにボリボリと体のあちこちをかきむしっていました。
ひじやひざの裏側や足首の所は、血が出るくらいかいていました。

皮膚科にかかっても、ステロイド系の塗り薬とかゆみ止めの飲み薬を処方され、つけている時や薬を飲んでいる時は、かゆみも治まり、傷が治ったかのように見えましたが、少しでも何もしないと又、もとの傷になるという様にその繰り返しでした。

そんな時、友人からカイロプラクティックの治療を紹介してもらい、最初は半信半疑で治療を受けてみたところ、1回目の治療を受けた日から体中をあまりかかなくなり、3回位受けた頃には、傷もすっかり良くなり、今ではうそのように傷あともなく、きれいになりました。
今年の夏は、素足でサンダルをうれしそうに履いています。

あまりにきれいに治ったので、娘と同じようにアトピーで悩んでいる友達のお母さんから「どーやって治ったの?」と良く聞かれるので、お教えしています。
[アトピーの女の子]の続きを読む
便秘とカイロプラクティック
一般的に、「最近便秘だからカイロプラクティックの治療院へ行こう」とはならないのだが、当院を頻繁に利用されている方や、以前違う症状で来院して、ついでにお腹の具合も整えてもらったと言う方は、カイロプラクティックと便秘はつながってくる。

そもそもカイロプラクティックとは、神経系の状態を整えていく療法なので、消化器系をコントロールしている自律神経に大きな影響を与えることが研究で明らかになっている。

どうしても「ゆがみを治す」と言うイメージが強く、神経を整える本来のカイロプラクティックの目的がうまく伝わっていない結果だと思う。

ですので、今日は当院で診る消化器系の患者さんをちょっと紹介しようと思う。

その患者さんとは、はじめ肩こりと胃腸の不調で来院された患者さんだったのですが、施術を受けるようになって、体調がよくなり、来院されるたびにいろいろな症状を相談してくださるようになった。

そんなある日、最近お腹にガスがたまって、張って苦しいと相談して来たのです。
便秘のイメージ画像

[便秘とカイロプラクティック]の続きを読む
原因と素因の混同
以前、「腰痛の常識のウソ」と言う内容をブログに何回かに分けて書いたことがあるが、私たちが常識と思っていることで、少し考えてみると矛盾を感じることはよくある。

ついこの間、テレビを見ている時にそんな矛盾をみずから証明してしまっているCMをみて、ちょっとおかしくなった。

そのCMとは、ある乳製品を販売する会社のCMなのだが、ピロリ菌が胃炎や胃潰瘍の原因になると説明していて、そして日本人の2人に1人は、ピロリ菌に感染しているというのである。

その時は「そうなんだ~へぇ~」

と言う感じに聞いていたのだが、よく考えると原因になるピロリ菌に感染している人がそんなに多くいるのに、2人に1人の割合で、胃炎や胃潰瘍がいるかと言うと、それほどではない。

逆に、胃炎や胃潰瘍の人は必ずピロリ菌に感染しているかと言うとそういうわけでもない。

ピロリ菌は、あくまで素因の一つに過ぎないのである。

ピロリ菌に感染して、症状を出す人出さない人の違いは、その免疫力の高さにある。免疫力が落ちている時に症状を出すのだと思う。
そう考えると、免疫力を低下させている何かが原因であって、ピロリ菌はその引き金に過ぎないのではないだろうか。

似たようなCMに、カーペットのダニがアレルギーの原因と説明しているCMがある。これもダニでアレルギー症状を出す人と出さない人の違いである根本的原因ではなく、その引き金になる素因を原因と説明してしまっている。

このような「原因と素因の混同」は、いたるところにあると思う。私たちは、その誤解を自分たちでしっかり見極めて、真実をしっかり見る知恵をつけていかないといけないと強く感じた。

そして、その本当のようなウソを、しっかり違うと発信していかないといけないのだとも、テレビを見ながら感じるのでした。

皆さんの周りに、そういった混同ないですか?

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら


長寿国と医者の数
世界保健機関(WHO)が発表した2006年版の世界保健報告によりますと、04年時点の日本人の平均寿命は昨年と同じ82歳で、世界一を維持していたそうです。

性別でみると、日本女性の86歳はダントツで最長寿を記録しました。
また、男性の場合は79歳で、サンマリノ、アイスランドが並び、最長寿国を維持していました。

日本は1000人当たりの医師数は1・98人と、192か国中、63位の中位水準にとどまっており、1位サンマリノの47・35人には遠く及ばず、OECD加盟国の中では最低クラスだったそうです。

同様に看護師数は27位、歯科医師数は同28位と、世界のトップ水準には達していないとのことです。

このデータが意味するところとは・・・?

[長寿国と医者の数]の続きを読む
妊婦のツワリ・頭痛・腰痛
以前、来院された妊婦の方から頂いた感想を紹介します。
神奈川県 32才 女性
私がこちらにお世話になったのは妊娠5ヶ月頃のことです。2人目の子どもということもあり、体を休めることも出来ず、ツワリがひどく、体調も気分も最悪でした。

みかねた主人が薬を飲むのではなく、妊婦にもでき、体の調子を整えるよいものはないかと、インターネットで調べていた所、こちらホームページに目がとまりました。主人に奨められたものの妊娠中でも本当に大丈夫なのか心配で何度も何度も先生に尋ねました。

先生は私のしつこいくらいの質問にも笑顔でくり返し、くり返し、治療について説明して下さいました。
実際、治療を受けて見ると初回は体がだるかったものの、ツワリが楽なような気がする・・・。2回目はツワリが軽く、不快に感じていた頭痛が治り、定期的に通うにつれ体調がよくなっていきました。
妊娠は病気ではないしあまり薬も飲みたくないので、体調が悪くてもがまんしがちです。こういった治療を知っていれば、もっと早くから楽しい妊婦ライフを送ることができたかもしれません。


胎児イメージ

[妊婦のツワリ・頭痛・腰痛]の続きを読む
アメリカ・インストラクター・セミナー2日目
20060723223622


アメリカ・インストラクター・セミナー2日目

午前中は、大学で行われている研究発表。その後、保険会社がスポンサーのランチ。そして午後は、研究を踏まえた新しいテクニックの紹介。夜はパーティー。 

1日目もそうだったが、時差ボケにはきついスケジュールで、最後のパーティーはやはり睡魔との戦い‥。
途中でトイレに行って、顔を洗って何とか耐えた感じだった。

2日目の内容を終えて改めて強く感じたは、保険のためのエビデンス。このために多くの研究が行われている印象を受けた。
そのため、内容が機械論に偏る傾向で、本質的治療からずれていくように感じた。大きな組織、資金、ネットワーク、素晴らしいハードを揃えているだけに、とても残念に思った。
だが、このような研究は、日本にもっと普及するためにも、必要不可欠な要素なので、年に一度は、来たいと思う。

日本の良さとアメリカの強み、融合させて、どう臨床に還元するか。
今からワクワクしてくる!

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら
アメリカ・インストラクター・セミナー1日目
20060722213944


アメリカ・インストラクター・セミナー1日目

いよいよ今回渡米の目的であるセミナーの始まりである。
アメリカらしい大がかりな演出と国家斉唱で始まり、参加者は200名程度。

今回の発表は、保険や法律に絡んだ内容が多く、日本との状況の違いを強く感じられる内容だった。
一番、興味深い発表だったのは、背中の筋の緊張のバランスを簡単に測定する機器の紹介で、裁判や保険でしっかりとした証拠として採用されているのと、何より患者さんに、身体の状態を視覚的に分かりやすく見せることができる点が、とても有効な機器に感じた。

夜は、仮装パーティーで盛り上がり、有意義な1日だったが、せっかくのパーティーは、時差による睡魔との戦いで、部屋に戻るなり、一瞬で落ちていた。

そして、今から2日目。実技の練習もあり、自分の検査での癖を直してもらえるよい機会なので、楽しみである。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら

セドナでリセット!
20060721220925


セドナでリセット!

昨日1日、仕事前に充電を兼ねて、セドナに一泊しました。
行く前は、セドナのヒーリングスポットで、今度の仕事のことも含め、色々考えを整理しようかと思っていたのですが‥‥

無理です!
あんな大きく優しい大地に包まれたら、考えるのがバカバカしく感じて、考えられなかったです。
でも頭を空にする時間って、最近なかった気がします。

日本にいるときが、いかに頭を使い過ぎているか、そんなことを大地が教えてくれたような気がします。

とても貴重な体験でした。

山中英司

ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら

歪みは結果
当院に来院される方が、よく質問させる内容として多いのが、

「背骨が歪んでいるのですが治せますか?」

と言う内容の質問である。

この質問に対して一言で答えるなら、

「カラダに聞いて下さい」

となる。

別に投げやりになっているわけではないのだが、そう答えざるおえないのである。なぜなら、カラダは機械ではなく、常に内と外の関係性において、変化し揺らいでいる生命体だからである。
[歪みは結果]の続きを読む
こたえはボクにある
たまに、自分に腹が立つときがある。
私は、あまり他人に腹を立てることはないが、自分に対しては、少し短気なところがある。
そして、自分の心にいるもう一人の自分、エゴを責めるのである。
責めているうちに、責めている自分がまたエゴに感じて、

自分って何?

って、心の中を探し出す。

ついこの間も、そんな状態に陥った。

そんな時、たまたまある先生から紹介された本を読んでみたら、その本に描かれているかわいい豚が、まさに自分と同じように自分を探していたのである。

何だか、シリアスになっている自分がバカバカしくなり、少し肩の力を抜くことができた。

山中英司


ランキングに登録しております。ぜひクリックしてくださいね!
治療院のホームページはこちら


ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある
小泉 吉宏 (2003/05)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る

テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

海外出張!!
私の仕事は、通常、治療院の中で行われる。
ただ、常に治療院の中にこもりっきりだと、心の水がよどんでくる。

心も水と同じで、「流れ」が重要である。

外から新しい刺激や感動をもらい、それを治療に還元する。
そうして、常によどみないエネルギーの流れを作り出せるように心がけている。

学会、セミナー、ボランティア活動。
仕事での充電方法はいろいろある。

今回は、なんと・・・
[海外出張!!]の続きを読む
なぜケガは慢性化するのか?
よく捻挫をすると繰り返してしまったり、古傷がいつまでもうずいたりすることがあると思います。
なんで一度ケガをすると慢性化したり同じようなケガを繰り返してしまうのでしょうか? 

そこには、神経系の記憶が関係しています。この神経系の記憶には、二種類の記憶があり、一つは末梢神経の記憶、もう一つは脳による記憶です。
サッカーマーク

[なぜケガは慢性化するのか?]の続きを読む
ヘルニアの常識のウソ(3)
臨床のおいて、椎間板ヘルニアと言われながら、実は違う原因により痛みを出している方が結構多いのですが、実際に椎間板ヘルニアの方もやはりいます。
ただし、痛みを出している原因が椎間板ヘルニアではないのです。そのことがよく分かる症例を紹介したいと思います。

Yさんは、以前から腰痛持ちで、整体やマッサージなどを行って、よくなったり悪くなったりを繰り返していました。それがあるとき悪化し、起き上がれないようになり、当院へ来院された。

腰痛イメージ

[ヘルニアの常識のウソ(3)]の続きを読む
ヘルニアの常識のウソ(2)
昨日に引き続き、椎間板ヘルニアに関する一般常識のウソを紹介したいと思います。病院で行われる椎間板ヘルニアの確定診断に用いられるものとしてMRIがあります。日本はMRI大国だそうで、世界でも一番MRIを頻繁に使う国だそうです。

椎間板はレントゲンでは写りませんが、MRIならしっかり写りますので、ヘルニアになっているかどうかは一目瞭然と言うわけです。これなら患者さんも納得と思いますが、ところがそこには大きな落とし穴があるんです。
こんな研究データがあるのをご存知でしょうか。

椎間板ヘルニアMRI
[ヘルニアの常識のウソ(2)]の続きを読む
ヘルニアの常識のウソ(1)
腰痛の種類として、一般に広く知られているものに、椎間板ヘルニアがある。背骨には、椎骨と椎骨の間に、クッションの役目をする椎間板と言うゴムのような組織がある。この組織は、中にゼリー状の柔らかい組織があり、それを包み込むように弾性の強い線維状の組織で成り立っている。
椎間板ヘルニアとは、椎間板の中のゼリー状の組織が、繊維状の組織の割れ目などから出てくることにより、背骨から出る神経を圧迫してしまう現象である。

椎間板ヘルニアの図
[ヘルニアの常識のウソ(1)]の続きを読む
肩の荷が降りる思い
当院に来院される方の多くが肩こりを訴える。それだけ、肩の凝りやすい世の中なのかと、思ってしまったりもする。

メンテナンスの感覚で、定期的に来られるTさんも、よく首や肩のはりを訴えて来る。自分では、ゴルフのやり過ぎや昔のむち打ちが原因だと思っているようですが、診てみると全然違うところに原因が出てくるのです。

肩こりのイメージ図
[肩の荷が降りる思い]の続きを読む
子供の中耳炎に関するカイロプラクティックの論文紹介
私は小さい時、中耳炎になることが多くありました。そのせいで大好きな水泳が出来なくて残念な思いをしたのを思い出します。

カイロプラクティックの効果で、一般的に知られていない症状として、中耳炎があります。海外でも多くの症例報告がありますので、今日は、代表で5症例紹介したいと思います。

中耳炎でお困りの方やお子さまがいましたら、参考にされてください。

中耳炎
[子供の中耳炎に関するカイロプラクティックの論文紹介]の続きを読む
プロフェッショナルとは?
当院に、定期的に調整にこられるプロのフリークライマーの方がいる。先週、フランスのワールドカップに出場のため、ヨーロッパへ飛び立った。今頃、大会に出場中だと思う。
決してサッカーのワールドカップのように日本中が注目するわけではないが、世界で戦う一流アスリートの絶え間ない努力と精神力には、刺激を受けると同時に多くを学ばされる。

以前、継続的に施術を行っていて、さすがプロフェッショナルと思うようなことがあった。
伊東秀和選手の写真1
[プロフェッショナルとは?]の続きを読む
涙の役目(頭痛と首のコリ)
当院の施術では、心と身体の関係性を見ていきますので、無意識に押さえ込んでいる感情が、施術の中で噴出してくることがあります。
今日、来院されたSさんも、抑えていた感情が開放され自然と涙が流れ出して止まらなくなりました。

彼女の症状は、首のコリと頭痛、そのほか膝の痛みや手首の痛み、朝の両手の痺れとたくさん抱えていました。
[涙の役目(頭痛と首のコリ)]の続きを読む
山中英司の紹介
【私個人の簡単なプロフィール】

小さい時から感じていたテーマが、

「自分探し」

それが強く湧き上がってきた高校時代、
映画「フィールド・オブ・ドリームス」をきっかけに、
自分の感性と現実の間で、どう生きるかを強く模索し始める。

初めは、自然や環境問題に強い関心を持っていたので、
大学も関連の学科に入学。

ところが感性と現実を照らし合わせた時、
心のどこかで、腑に落ちない思いを感じていた。

空手をやっていた縁で、アメリカへ1年間の留学。
日本と言う枠から出ることで、
感性に素直に生きることに迷いがなくり、
感じるまま、カイロプラクティックの大学へ入学。

様々な出会いがあり、導かれるように

卒業後、2003年に開業し今に至る。

夢は、
「感性を取り戻し、
   心身の調和した健康的な世の中を実現すること」


まだ夢のスタートラインに立ったあたり。

今は、心と体のつながりを臨床を通して学びつつ、
自分の心・感性の声、そして心により映りださせた現実を、
無我夢中に模索中。

セミナーで講演中

[山中英司の紹介]の続きを読む
咳が訴える心の声
1ヶ月まえ、こんな患者さんがいた。

数週間、むせるような咳が出だすと止まらなくなる。
特に喘息もちでもないし、風邪の症状でもない。
出るときのタイミングもまちまち。
外的要因に思い当たるところはない。
さて、この咳の原因は何なのでしょう・・・

実はこの患者さんとは自分自身のことなんです。


[咳が訴える心の声]の続きを読む
アトピーと子供の心
依存の段階にいる小さい子供にとって、お母さんの存在はとても大事。
お母さんの笑顔が、自分の幸せの基準と言ってもいいかもしれません。
でも、そのために自分の心を押さえつけてしまうこともあるようです。

そんなお母さんへの愛情と自分の心の狭間を、症状で表しているアトピーの女の子の話を紹介します。
お母さんと子供
[アトピーと子供の心]の続きを読む
肘のケガと心のつながり?!
どんな大人でも、必ず子供を経験しているはず。
例外なく私にも子供時代や子供の心・感性があったのですが・・・
いや今もあるはずですが、ちょっと最近忘れているような気がします。
それを思い出させてくれたこんなケースがありました。

小学生の女の子、4日前に学校で右肘をぶつけて以来、腕を伸ばすことができないということで来院してきました。
[肘のケガと心のつながり?!]の続きを読む
腰痛とコルセット
一般的に、よく腰痛にコルセットを巻いて安静にする方法がとられることがあります。原理は、コルセットによって骨盤を安定させ関節や筋への負担を減らすものですが、対処療法に過ぎず根本的な解決にはならないので、私はお奨めしていません。

比較的最近来院された方に、こんな症例がありました。
1週間前から腰痛がひどく、コルセットをしていないと動けないという方です。寝る時と朝起きるときが特につらく、来院時には痛みの度合いが最悪を10とすると8くらいの痛みを訴えていました。検査でも腰のどの動きでも痛みを訴えている状態でした。
腰痛の画像

[腰痛とコルセット]の続きを読む
~治療院紹介~
陽開カイロプラクティック~治療院案内~

横浜市青葉区、青葉台駅すぐ裏にある当院は、国際基準の質の高いカイロ治療と、ゲルマニウム温浴、バッチフラワーレメディを提供しています。

肩こり、腰痛、頭痛、生理痛、関節痛はもちろん、花粉症、アトピーなどのアレルギー症状からツワリ、耳鳴り、めまいまで。そして、ストレスによる症状に対しても幅広く対応しています。

また、冷え症、むくみでお悩みの方、デトックスに興味のある方、ゲルマニウム温浴をぜひお試しください。スタッフ一同、誠心誠意、対応させていただきます。

治療院のホームページはこちら
待合室の様子

~私たちの使命~(Our Mission)
陽開カイロプラクティック~私たちの使命 ~

「陽だまりのように温かく開かれた場所」
私たち、陽開カイロプラクティックの名前の由来となったコンセプトです。
私たちは、愛情、共感、包容力をもって一人一人と向き合い、皆さまの心のよりどころとなることを目的としています。

そして、心と体の調和が取れ、偽りのない真の自己発見をお手伝いすることで、感性を取り戻し、心身の調和した健康的な世の中を実現することが、私たちの社会的使命です。

そのために私たちは、常に自分の本質に忠実に、そして本質に磨きをかけ、人間的成長と技術の向上に挑戦し、プロフェッショナルであり続けることに努めていくものであります。

治療院ホームページはこちら
私たちの根本価値
誠実:
何事も目的と手段が違ったのでは、真の誠実とは言えない。平和のための戦争は誠実ではなく、また心身共に健康でない集団では、真の健康を提案することは出来ない。常に目的と手段に矛盾を作らず、ビジネスの目的と個人の目的、そして、社会のニーズとも矛盾を作らない。感性に誠実に理性を磨き、感謝を忘れずに取り組む

必然:
すべての事象は、必ず「原因」があって、「原因」を結ぶ「縁」があり、それが「結果」として現れる。自分が今の現実を作り出していることを認識し、その現実に対して責任(アカウンタビリティ)を持ち誠実に関わる。

本質:
私たちは、日常で「心と体」、「善と悪」、「理性と感性」と言う二元論的思考で捉えようとする。しかし、私たちの本質、自分らしさとは、その二元論的思考の先にある統合思考にある。そして、その本質を輝かせることで、唯一無二の価値となり、活かし分かち合うことができる。「不易流行」、変わらない本質と進化する本質。その本質に気づき、磨き、分かち合う。私たちに出来る唯一無二のことである。

思い描く・心:
物質的な世界は、内なる意識である心のままに映し出される。過去は私たちの選択の結果であり、今この瞬間は、私たちが思い描き、選択した結果である。しかし、未来は、過去の延長線上にあるのではなく、私たちが、思い描き、選択することで、創造していくものである。外に答えを求めず、内にある声に耳を傾け、恐れによる行動から愛による行動へ。常に明確に、具体的に、そして肯定的に、思い描く。

成長・進化:
仕事という枠に囚われることなく、すべての「経験」の中に「気づき」があり、「責任(アカウンタビリティ)」を取ることにより「学び」がある。未来に対して責任を持つ。意欲的なその姿勢が、魂を成長させ、進化させることができる。

和・感謝:
私たちは、時の流れの中での縦のつながりと、瞬間で存在する横のつながりによって、今と言う瞬間を生かされている。その瞬間が私たちの唯一の時間。感謝し本質を持って貢献する。また、「和して同せず」、私たち日本人だから持ち得る「和」と言う、その豊かな感性を持って、共通するビジョンに向けて共同創造し、地域、社会、そして世界に貢献し、分かち合う。

プロフェッショナル:
プロフェッショナルとは、ある学問体系に裏付けられた高度な技能を、クライアントのために活用して問題解決を図り、同時にそれに伴う倫理観を持った人である。求める結果をイメージして、常に準備を怠ることなく取り組む。

守秘義務:
守秘義務とは、信頼関係の一番の基盤になるところである。私たちは、クライアントのプライバシーを守り、クライアントに関する情報の守秘義務を全うする。ただし、下記の場合はその限りではない。

?クライアントの同意があったとき。
?法律によって提示を求められたとき。
?スタッフ間の協力が必要なとき。
?守秘することがクライアントの利益にならないと思われるとき。

ブログ立ち上げ!
ブログ立ち上げました。
陽開カイロプラクティックでの臨床を通して見えてくる心と身体の関係を、いろいろ紹介していきたいと思います。

まだ準備段階ですので、しばらくお待ちください。

山中英司
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。