肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。心と体の臨床日誌
肩こり・腰痛・頭痛からアトピー・ツワリ・耳鳴りまで。陽開(ひかい)カイロプラクティック院長 山中英司のさまざまな臨床報告と、それを通して見えてくる心と体の関係を本の紹介を絡めて紹介するページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンペでの負傷
新年早々、

クライミングのコンペに出場した
プロクライマー、伊東選手

大会中に、

不意な落下により、
着地時に左ひじを捻って痛めたそうです。

↓この写真は去年の世界選手権の写真です。
伊東さんの世界選手権風景


[コンペでの負傷]の続きを読む
スポンサーサイト
胸郭出口症候群(TOS)とは Part4
前回の続きです。

胸郭出口症候群の症状を作り出すメカニズムは、
血流障害を作る筋の過緊張や骨異常があります。

しかし、それはあくまで結果です。

筋の過緊張を作り出す本質的原因が別にありますし、
骨異常による圧迫が後天的に生じているならば、
そのような圧迫が生じるようになった姿勢的変化や
筋のバランスの崩れがあります。

そして、
その変化を生じさせている本質的原因があるはずです。
カラダのしくみ

[胸郭出口症候群(TOS)とは Part4]の続きを読む
胸郭出口症候群(TOS)とは Part3
前回の続きで、
今回は胸郭出口症候群をカイロプラクティックの視点でご説明しましょう。

まず症状に関しては、
圧迫的要因と機能的要因の2つが関係します。

前々回ブログでご紹介しましたが、
症状の中に圧迫による血流障害があります。

この場合は、
圧迫をしないような状態へ持っていくことが大切です。
ただし、整形外科的アプローチを取る必要性はほとんどありません。
肩の痛みのイメージ

[胸郭出口症候群(TOS)とは Part3]の続きを読む
胸郭出口症候群(TOS)とは Part2
前回、胸郭出口症候群(TOS)の症状についてご紹介してきました。
今回は、西洋医学的な視点で見た症状のメカニズムと治療法をご紹介しましょう。

名前の由来になっている胸郭出口は、腕にいく神経や動静脈が筋骨格の間を走行しています。

この走行している神経や動静脈が骨、または筋肉によって圧迫を受けることにより症状が出ると考えられています。

下記の表が神経性胸郭出口症候群の分類です(クリックで拡大します)
神経性胸郭出口症候群の分類

[胸郭出口症候群(TOS)とは Part2]の続きを読む
胸郭出口症候群(TOS)とは Part1
胸郭出口症候群について最近質問を受けましたので、
どんな疾患かを説明しましょう。

まず胸郭出口症候群(Thoracic Outlet Syndrome=TOS)と言う名前の意味は、胸郭の出口(首へとつながる部分)で症状が起こるのでそう名づけられているようです。

胸郭出口症候群

[胸郭出口症候群(TOS)とは Part1]の続きを読む
胸郭出口症候群 Q&A
「All About Profile」で胸郭出口症候群について、
こんな質問を受けました。

質問:胸郭出口症候群

今年の初めより左腕がだるかったりしびれたりしたので医者(整形外科)を受診したところ、「胸郭出口症候群」だと言われました。

昨年の12月に交通事故にあい(自転車同士の衝突)そのときには気づかなかったのですが肋骨が折れていたらしいです。
(今年受診した際にレントゲンで判りました。)

薬(鎮痛剤)を飲んで湿布をして電気をかけに医者に週3回通っていましたが2ヶ月たっても一向に変化がないので通院は自主的にやめました。

先月より新たに肩が重い、腕が肩より上に上げづらい、頭痛がするなどが出てきて困っています。

整形外科以外でこの症状の治療方法が何かないでしょうか?

いい加減痛いのもだるいのもしびれるのも飽きました。
よろしくお願いします。
肩の痛みのイメージ

[胸郭出口症候群 Q&A]の続きを読む
野球少年、肩の痛み
今日、新患で可愛らしい坊主頭の野球少年が来院しました。

私の周りではあまり見かけなくなった純粋無垢な野球少年は、
最近、軟式から硬式に変ったら、肩を痛めたようです。

もちろん硬式ボールに変えたことによる肩への肉体的ストレスはありますが、カラダとって、もっと大きく影響する精神的ストレスというのがあるのです。

早速、心身条件反射療法で心理的ストレスを診ていくと、
・・・
野球の投球イメージ

[野球少年、肩の痛み]の続きを読む
骨折後の後遺症 患者様の声
以前、カイロプラクティックに通われていた患者様から、ゲルマニウム温浴に来た際、こんな文章を頂きました。

神奈川県 30代 女性

利き手の骨折をして1ヶ月経ち、治るかと思いましたが、ある病気の疑いでリハビリも動かすことも不可能で4ヶ月が経ちました。

周囲からは
「仕事続けられるの?」「元に戻るの?」。

リハビリをはじめましたが、「冷やすと治りかけた病気が再発するよ」というDr.の言葉にゲルマを再開。
そこで薦められたカイロを試してみました。

初回反応なしでしたが、二回目と重ねて治療を受けるうちに、動かないけど動かそうという意欲が沸いてきて力も出て来ました。
リハビリで指導を受けても、動かすことで感じた違和感。
動かすということに恐怖も覚えていたので、カイロを受けて変化してきた気持ちが不思議でした。
自分の気持ちが整理され、根本的な恐怖を出し、緩和させ、心を取り戻すことで体の機能も正常に取り戻すことができるよう働きかけてくれます。

人間には治らない病気を持ち生活をする多くの方がいると思いますが、後ろ向きになると身体も衰えていく。
心と身体のバランスが調和され一人の人として生きていくことができる。このことを思い起こさせてくれる治療法だと思います。
試しに5回通ってみてください。
自分の気持ちに正直に治ることを信じてみてください。


[骨折後の後遺症 患者様の声]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。